スマホが水没!?とっさのマニュアルはこれだ


スマホは電子機器で水分は大敵

スマホは体の一部のようになってしまい、つい忘れがちですが、精密電子機器です。水分や湿気は苦手で、動作不良や故障の原因となります。最も多いトラブルは、食事中などに飲み物がスマホにかかってしまったケースです。少量であれば、すぐにおしぼりやハンドタオルで優しく拭き取れば問題ないです。でも、お手洗いやお風呂に水没したら、どうなるでしょうか。

完全水没後の復旧の可能性は50%

スマホを水から拾い上げて慌てて電源のオンオフを繰り返すと、スマホ内部の回路がショートして故障につながります。ドライヤーで乾かすのも、逆効果です。充電パックやイヤホン、SIMなどを取り外し本体のみにしたら、タオルで水分を拭き取りましょう。その後、乾燥剤と一緒に密閉できる袋に入れます。乾燥剤が見つからない場合は、生米でも問題ないです。

洗濯物を乾かす要領で

後は洗濯物の要領で、乾燥を待ちます。一日ほどそのままにして乾燥させましょう。時間が短すぎても長すぎでも、だめなようです。乾燥が終わったら、スマホの修理ショップで見てもらいます。本体の復旧が困難でも、今までの初期の対処が正しければ、画像やメールなどの大切なデータを救い出せる可能性が残っています。

ガラスのひび、そのままにしていませんか

小さなガラスの割れも、そのまま放置せずに修理しておきましょう。本体の機密性が保証されていても、表面のガラスに不備があれば意味がありません。水没の衝撃で、ガラスのひびが大きくなるおそれがあります。

スピーカーもトラブルが起こりがち

スピーカーも、水没のトラブルで故障しやすいです。一応音は鳴っているが、割れている、小さくなったなどの場合は、ティッシュペーパーでスピーカー周辺を拭き取ると症状が改善するかもしれません。

民間のスマホ修理業者で出来る事は多岐に渡っていて、液晶や基盤の交換に加えて、割安な料金で電池を新品に変えてもらう事が出来ます。