修理業者はたくさんある!iPhone修理業者の選び方


iPhone修理業者の選び方について

iPhoneの修理には、正規代理店に依頼する方法と、民間の修理業者に依頼する方法があります。両者の違いについては、民間の修理業者が修理料金が安いということと、正規代理店では全損の場合に本体交換が可能であるという違いがあります。

民間の修理業者はなぜ、修理料金が安いのでしょうか。それは、部品交換の際にあえて純正部品を使用せず、サードパーティー製の安い部品を使用することが多いからです。また、民間の修理業者では、比較的その場で直してくれることが多く修理時間が短いというメリットがあります。

一方、正規代理店では全損の状態であると、新品のiPhoneに交換してもらうことができます。それを期待する人は正規代理店に修理を持ち込むと良いでしょう。ただし、この場合はデータの復旧は見込めません。民間の修理業者は、あくまでも修理となりますので、例えば水没させてしまったような場合については、メイン基板を取り出し、きれいに洗浄・乾燥させて再度電源を投入します。この手法にて約90%の場合データが復旧可能となります。データ復旧を期待するのであれば民間の業者に修理を依頼する方が得策かもしれません。

ガラス割れの予防方法とは?

iPhoneのガラス割れの予防方法としては、フィルムを表面に貼ることが挙げられます。特に最近ではガラスタイプのフィルムが販売されていますので、そのタイプを利用すると良いでしょう。一般的なフィルムよりも耐久性を抜群に高めることができます。

その他、表面を守ってくれる手帳タイプのiphoneケースを使用すると、ガラス割れを防ぐことができます。

公式店でiphoneの修理をおこなうと、時間が掛かったりデータが初期化されたりするデメリットがありますが、安全・確実に修理される、保証に入っていれば修理費がかなり安くなる、などのメリットもあります。